映画を観るということ

映画の感想を書き殴ったり(だいぶ甘めに)個人的な評価をつけたりします。

映画『トランスフォーマー 最後の騎士王』感想 バンブルビーが大活躍

監督マイケル・ベイによるトランスフォーマーの実写映画第5作目「最後の騎士王」を観てきたのでその感想などを!

f:id:aquariusz0106:20170805015937j:image

個人的な評価★★★★☆(4.0)

かなり賛否分かれてるようですが個人的には高評価です。ロストエイジよりだいぶ面白かったですよ。うん。長いし情報量多くて飲み込むのが大変でしたけどファンサービスたっぷり相変わらず破壊しまくり爆発しまくりでスケールも今までで1番大きく見応え抜群でした。

オプティマももちろんですがバンブルビーが大活躍していて良かったですね。

 

心配すべきは面白さではなく自分の膀胱ですね

なにせ相変わらずの大ボリュームで150分近くありますからw

 

ストーリーやキャラの扱いに多少雑さは感じましたがそこが良くも悪くもトランスフォーマーって感じで好きですね!

 

新たに始まる3部作のこれが1作目みたいなのでこれからの実写トランスフォーマーが楽しみですね。さらにバンブルビーを主人公としたスピンオフもやるらしいので今作でバンブルビー好きになった人には嬉しい話ですね。

 

もちろん無印、リベンジ、ダークサイドムーン、ロストエイジを観てから今作を観てくださいね。恐らくファンですらかなりごちゃごちゃしててわかりづらかったと思うのでw

 

人間の主人公は前作と同じケイド・イェーガーで「最後の騎士王」は前作から数年後のお話です。

 

ここからはネタバレを含むので自己責任でお読みください。

 

簡単なあらすじ

オプティマス・プライムが去り、人類対トランスフォーマーの全面戦争が避けられない中、地球を救う鍵は何千年もの間、秘密にされてきたトランスフォーマーの存在。迫りくる脅威を救えるのは、発明家ケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ)、オプティマス無き後にオートボットのリーダーとなったバンブルビー、英国貴族の謎めいた老人(アンソニー・ホプキンス)、そしてオックスフォード大学の女教授の教授(ローラ・ハドック)、思いも寄らぬこの4人にかかっていた。誰にでも変化を起こすために立ち上がらなければならない時がある。『トランスフォーマー/最後の騎士王』では、追われる者がヒーローになり、そして、ヒーロー達が悪の手に落ちてしまう。

トランスフォーマー/最後の騎士王 || TOHOシネマズ

キャスト・スタッフ

・日本公開日 2017年8月4日

・監督 マイケルベイ

・配給 東和ピクチャーズ

・キャスト

マーク・ウォールバーグ/ローラ・ハドック/ジョシュ・デュアメル/タイリース・ギブソン/ジョン・タトゥーロ/スタンリー・トゥッチ/アンソニー・ホプキンス

感想

船上のオプティマスとバンブルビーの戦闘シーンは最高でしたね。バンブルビー「俺はバンブルビー あなたの一番古い友達だ」「あなたのためなら命を捨てる」と必死に呼びかけるシーンは特に良かった!

そしてクインテッサとの戦闘シーン

「これが私の友人、バンブルビーだ」

「蜂のように刺す」

最高だった!腐女子じゃないけどつい「この2人の関係尊い…」って思っちゃいました。その前のメガトロンを蹴りで追い出しちゃうオプティマスも良かったけどw

 

あとスクィークスが可愛いかった!スターウォーズで言うR2-D2みたいなポジションでしたね

そして今作で新たにヒロインを務めたローラ・ハドック演じるヴィヴィアンも可愛かった!

CGも相変わらずすごくて見応えありましたね

 

だけど今作の悪かったというかちょっと「ん?」ってなった点はオプティマス何回「私はオプティマス・プライム」って言うんだw

そして前作ではガルヴァトロンだったのにいつの間にメガトロンに戻ったの?

あと地球なんでもありすぎ過去にすごいもの残しすぎ!

しかし他の作品だと短所になるとこもトランスフォーマーではめちゃくちゃなとこもトランスフォーマーらしくて良い!ってなりますよね。

あと予告などでは散々オプティマスが敵になるみたいなこと言ってたのにバンブルビー達に敵対してた時間が劇中で5分くらいしかなかったのがうーんって感じでしたね。

最後に登場した女性はクインテッサだったのかな?バンブルビーに斬りつけられてましたけど明確に破壊されたような描写はなかったですし…

犬夜叉の奈落並みにしつこく死なないメガトロン様ですけど次回作とかではオプティマス達と組んでクインテッサを倒す展開とかあったら面白そうですよね。

 

次回作も楽しみです(^ ^)