映画 『アサシンクリード』 感想

ユービーアイソフトの大人気ゲーム「アサシンクリード」の実写映画を観たのでその感想を。

f:id:aquariusz0106:20170616213816j:image

個人的な評価★★★☆☆(3.5)

自分原作は1と2が一緒になってるやつ(わかる人にはわかるw)しかやってないにわか丸出しで観たのですが個人的にはなかなか満足できました。しかし巷の評価はあまり高くないようでだけども低い理由も実際に観てみるととてもわかる気がしました。まぁぶっちゃけていうと原作プレイしている人は楽しめて未プレイの方は「???観たけどさっぱりわからなかったぞ?何が面白いんだこれ?」という風になったのではないかと…だからやっぱり未プレイの状態で観に行ったなら自分も評価を★★☆☆☆くらいにしてたかもしれませんね。

しかし決して原作未プレイの人でも楽しめないというわけでもなくかっこよかった!とか難しかったけど面白かった!という感想もちらほら見かけたので観てみてもいいのではないかと思います。そうですね…今作を100%楽しむにはやはり原作プレイしてる状態で観るかせめて設定や世界観でも調べるなりして掴んでおくとかなり違うかなと思います。1と2しかやってない自分でも思わずうおおおおおってなる場面がたくさんあって楽しめたので。

簡単なあらすじ

記憶をなくした死刑囚カラム・リンチは、遺伝子操作をする装置によって祖先の記憶を追体験する。カラムの祖先はルネサンス期のスペインでテンプル騎士団に立ち向かうアサシン教団の一員で、人類支配の力を持つ禁断の秘宝のありかを知る、歴史上最後の人物でもあった。現在と過去を行き来する中で、カラムは人類の未来を左右する戦いに身を投じていく——!

 

スタッフ&キャスト

カラム・リンチ/アギラールマイケル・ファスベンダー / ソフィア・リッキン:マリオン・コティヤール / アラン・リッキン:ジェレミー・アイアンズ / ジョセフ・リンチ:ブレンダン・グリーソン / エレン・ケイ:シャーロット・ランプリング

監督:ジャスティン・カーゼル / 製作:ジャン=ジュリアン・バロネット,p.g.a./ジェラルド・ギユモ/フランク・マーシャル,p.g.a./パトリック・クローリー,p.g.a./マイケル・ファスベンダー,p.g.a./コナー・マッコーン/アーノン・ミルチャン

映画「アサシンクリード」公式サイトより

映画『アサシン クリード』オフィシャルサイト| 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント

ネタバレ有りの感想

ここからは本作を観た人向けの個人的な感想を。原作をプレイしてる方が観て一番興奮したのはやっぱりアサクリシリーズお馴染みイーグルダイブなのではないかと思いますw何が良かったって決して意味のない場面でなく意味のある使われ方をせれてたことが嬉しかったですね…原作では特に意味のない場面で藁の山につっこんだりするのでwカラム(アギラール)のイーグルダイブが成功しアニムスの装置が壊れソフィアの「イーグルダイブ!」と呟くシーンは鳥肌が立ちましたwあとは建物のつくりや逃げながら屋根の上で戦ったりパルクールなどアサクリやってたら興奮するシーンがいっぱいあって良かったですね。アクションは大満足でひたがストーリーは正直よくわからないシーンが多かったですね。ただアサシンクリードは過去編と現代編をやらなければいけないので映画は難しいかと思いましたが構成は割としっかりしていた気がします。

まだ謎の多いシーンが多かったので是非続編を作って欲しいですね!

あとは時代が確か15世紀後半とエツィオの活躍した時代と被るので続編やるとしたらどこかでエツィオを出したりとかして欲しいですね!原作との関連性とかも気になるとこです。