ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 感想

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を観ましたのでその感想を。

f:id:aquariusz0106:20170531235248j:image 

個人的な感想★★★★☆(4.0)

まずは個人的な評価ですが…はい、とっても面白かったです!もちろんいくつか不満のある点もありますが久しぶりにハリーポッターの世界を劇場で味わえたこと、新しい主人公ニュート・スキャマンダーとその素敵な動物たち…もう大満足でした。

元はハリーポッターシリーズに登場する「幻の動物とその生息地」という書物で2001年には実際に発売されてます。それを元に今回映画化され全5章公開予定であることがわかっています。

舞台はハリーポッター第1作目より70年前のアメリカなのでお馴染みのキャラなどはもちろん登場しませんがホグワーツという単語やダンブルドアの名前などは出てきたりします。

主人公のニュート・スキャマンダーは魔法動物たちを保護し元の居場所に帰してあげたりしているのですがとても優しくて見ていてほっこりします。あと顔も可愛いです笑

主人公のニュート・スキャマンダーとヒロインのティナは宮野真守さんと伊藤静というアニメ界ではかなり名の知れた声優さんで吹き替え版ではニュートはかっこよくまた優しそうにティナは美しい印象を受けました。吹き替え版オススメです!

最後は綺麗な終わり方できっとみんな満足できると思います。敵が伏線を最後残していった(?)ので続編がどうなるのか楽しみです!

少し不満だった点は魔術同士の撃ち合いをもう少しやってほしかったことくらいですかね…まぁ今回は主人公と動物たちがメインですから仕方ないんですけどね。

自分は普段洋画は基本字幕で観るのですがハリーポッターシリーズはやっぱり金曜ロードショーなどで何度も放送してるからなのかわかりませんがやはり吹き替え版でも観てみたいと思いましたね。ニュートは宮野真守、ティナは伊藤静なので尚更気になりますねw

続編はいつ頃になるのか、また本編「死の秘宝」の19年後を描く最終章「呪いの子」も映画化されるのか色々気になります。

まだまだハリーポッターシリーズ映画の方は色々続きそうで楽しみです!