読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』感想 前作を超える圧倒的面白さ!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」(原題:Guardians of the Galaxy Vol. 2)を観てきたのでその感想を。

f:id:aquariusz0106:20170516171818j:image

個人的な評価★★★★☆(4.5)

控えめに言って最高だった!前作は個人的にこの作品自分に合わないなぁ…なんて思ってたんですが今作を見てもうGotG大好きになりました。それくらいの出来でした。シリアス、ギャグ、アクション、音楽どれをとっても素晴らしかったです。そしてクィル、ガモーラ、ドラックス、ロケット、グルート、ヨンドゥ、ネビュラ、マンティスみんながみんな個性あって最高でした。ところどころにギャグとか小ネタを入れてきてでもそれがくどくなくて締めるとこはしっかり締めてきて文句なしでした。

まだ観てない方は是非観てみてくださいな!

観終わった後も「もう一回観てぇ…」ってブツブツ呟いてますw

 

簡単なあらすじ

“スター・ロード”ことピーター・クイルをリーダーに、凶暴なアライグマのロケット、マッチョな破壊王ドラックス、ツンデレ暗殺者ガモーラなど、たまたま出会ったノリで結成された宇宙の“はみ出し者”チーム、<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>。

 小遣い稼ぎに請けた仕事をきっかけに、強大な力を持つ“黄金の惑星”の指導者アイーシャ率いる無敵艦隊から総攻撃を受け、彼らの宇宙船ミラノ号は壊滅寸前に…。間一髪、ガーディアンズを救ったのは“ピーターの父親”と名乗る謎の男エゴと、触れただけで相手の感情が分かる能力を持つマンティスだった。仲間からの忠告にも関わらずエゴに魅了されていくピーターの姿を見て、次第にチームの絆に亀裂が…。
 そこへ“ピーター育ての親”ヨンドゥが率いる宇宙海賊の襲撃や、さらに銀河全体を脅かす恐るべき陰謀が交錯していく。はたして、ピーターの出生に隠された衝撃の真実とは? そして、彼らは絆を取り戻し、銀河を救うことが出来るのか?
 その運命の鍵を握るのは、チーム一小さくてキュートな、ガーディアンズの最終兵“木”グルートだった…。

 

マーベル公式サイト STORYより作品情報|ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス|マーベル公式

ネタバレ有りの感想

観終わってとりあえず言いたいのはヨンドゥ、あんた最高だよ…ほんとに最高のキャラでしたね。最後は泣かされました。

最初はエゴとクィルのお母さん(メレディス)の恋の描写から始まりドンッ!と「34年後」の文字が出てガーディアンズメンバーの戦闘シーン。クィルの音楽をバックに踊るベビー・グルートめっちゃ可愛かったですねwそしてタイトルがドンッ!gotg節が炸裂した最高のオープニングでしたね。

前作の最後でベビー化してしまったグルート、今作ではそのキュートっぷりが爆発してましたね。ヨンドゥとロケットが牢獄に捕らわれた時のグルートとのコントは笑えましたねwそしてフィンの奪取と脱獄に成功したヨンドゥとロケットめっちゃかっこよかった!口笛でフィンと矢を操り敵を一網打尽にするヨンドゥは見ててニヤニヤしましたwロケットは最後の方の「また銀河を救っちゃう?」のセリフでニヤッとしてしまいましたね。

あとはちょこちょこ入るドラックスのマンティスの容姿disは酷いと思いつつ笑ってしまいました。ドラックスも良いやつだから嫌いになれなんいんですよね〜。本物の家族を知ってるからこそ今のガーディアンズの関係を「家族」と言ったドラックスにはグッときましたね。そしてロケットもまた不器用だけど仲間思いな一面が見られましたね。個人的に1番好きなキャラクターです。ガモーラとネビュラ姉妹も最後は和解できたっぽくて良かったですね。

最後はヨンドゥの死とそれを見送るかつての友と仲間達の敬礼は涙が止まらなかったです。

そしてお決まりのTHE GUARDIANS OF THE GALAXY WILL RETURN.(ガーディアンズオブギャラクシーは帰ってくる)の文字。

いやー今作でガーディアンズオブギャラクシーがとても好きなシリーズになりましたね。

エンディングでは成長し若干グレた思春期グルート、そしてガーディアンズオブギャラクシー潰す宣言するアイーシャ様。クィル達はヤバい奴らを敵にしてまった感ありますねw

続編が楽しみです。