映画を観るということ

映画の感想を書き殴ったり(だいぶ甘めに)個人的な評価をつけたりします。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』感想

待ちに待った「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第5作目「最後の海賊」を観たのでその感想を。

監督はヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリ

f:id:aquariusz0106:20170704233536j:image

個人的な評価★★★★☆(3.7)

前作「生命の泉」から約6年ぶりのパイレーツ。良かったです。 少なくとも生命の泉よりは面白かったと思います。ジャックやその仲間のギブスら、バルボッサやウィル・ターナーとエリザベスの息子のヘンリーなども出てきたりファンも嬉しい要素も詰め込まれていて良かったと思います。ただ少々物足りなさは感じましたね。ギャグは相変わらず面白かったです。そしてジャックも大物感なくていいですねwストーリーは正直微妙でしたがキャラが良かったのでこの評価。吹き替えで観たのですが大塚明夫さんのサラザールは最高でしたね。予告でもある通りジャックの若いころ「キャプテン・ジャック・スパロウ」になる前のお話もちょびっと描かれます。まぁ「パイレーツ・オブ・カリビアン」好きなら観に行って損はないかと。しかしやはり最初の3部作を超える出来ではなかったと思いますね。原題は「Dead men tell no tales (デッド・メン・テル・ノーテイルズ)」で死人に口無しという意味。げん相変わらず邦題はセンスありませんね。最後は泣けるかも?

気になった方は是非観てみてください。エンドロールは終わるまで退場しないことをオススメします!

簡単なあらすじ

  かつてジャックと冒険を共にしたウィル・ターナーは、今や幽霊船フライング・ダッチマン号の船長として呪われた運命を生きている。その息子ヘンリーは、父を救おうと海の伝説を調べつくし、呪いを解く力が伝説の秘宝<ポセイドンの槍>にあることを突き止める。
 勇気ある青年に成長したヘンリーは、英国軍の水兵となるが、いまだ<ポセイドンの槍>にはたどり着けずにいた。ある日、船が危険な“魔の三角海域”近くを航行中、恐ろしい姿をした“海の死神”サラザールに襲われる。 “魔の三角海域”の呪いから我が身を解き放つため、伝説の海賊ジャック・スパロウと彼の持つ<北を指さないコンパス>を欲するサラザールは、同じくジャックを探すヘンリーをひとりだけ生かし、ジャックへの伝言を託した。ほどなく船は遭難し、ヘンリーは、英国植民地セント・マーティン島に流れ着く。
 そこでヘンリーが遭遇したのは、科学者ゆえに魔女の濡れ衣を着せられて追われている、美しい天文学者カリーナだった。彼女は、まだ幼い頃に生き別れた父が残したガリレオ・ガリレイの日記に秘められた謎を解こうとしていた。その謎とは、なんと<ポセイドンの槍>にたどり着くための方法・・・。だが彼女は、英国軍に捕らわれ、投獄されてしまう。

 

作品情報|パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊|ディズニー公式

ネタバレ有りの感想

 今回ブラックパール登場しないのかなーなんて思ってたら登場してちょっと興奮しましたね。そこにフライング・ダッチマン号やアン女王の復讐号も参戦し共闘みたいなのも見たかったですけどね。

敵のサラザールは復讐に燃えるいいキャラしてたんですがあまり強くなくて少しガッカリでしたね。能力頼りというか船頼りというか。

バルボッサは今回完全に主人公してましたね。最後も泣ける展開で良かったです。正直命を捨ててまでただの人間に戻ったサラザールを倒す必要はあったのか…という疑問はありますがw

バルボッサは長い航海の最後の最後に自分の宝(カリーナ)を見つけられて良かったですね。自分はジャックとバルボッサの関係が大好きなのでバルボッサが退場してしまうのは少し寂しい。

ウィルとエリザベスの息子とバルボッサの娘が恋人関係ってなんか面白いですよねw

最後ヘンリーは呪いの解けた父と再会しウィルとエリザベス、ヘンリーとカリーナも幸せな感じでめでたしめでたし。その光景を見たジャックは「なんてゾッとする光景だ」なんて言ってましたが内心では微笑んでそうですよね。

「お前ら二度と厄介ごとには巻き込まれるなよ」みたいなw

エンドロール後は続編を示唆するようなシーンがありましたね。デイヴィ復活はなくとももしかしたら「フライング・ダッチマン号」に所縁のある人物か…?近いうちに続編が観れるかもしれませんね。

いつまでも続いていて欲しいシリーズです。

 

 

映画『ハクソー・リッジ』感想

映画「ハクソー・リッジ」がめちゃめちゃ良かったのでその感想を。

f:id:aquariusz0106:20170629170952j:image

  • 個人的な評価★★★★★(5.0)

さすがにこれは自身を持って良作と言えます。ええ。そのくらいの完成度と面白さのある作品でした。近年の戦争をテーマにした映画の中ならトップクラスに面白かったと思います。しかもこれがノンフィクションだというのだから恐ろしい是非アンドリュー・ガーフィールド演じるデズモンド・ドスという漢の戦場での生き様を目に焼き付けてほしい。ちなみ

『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』感想

さすおに!「劇場版 魔法科高校劣等生 星を呼ぶ少女」を観たのでその感想を。
f:id:aquariusz0106:20170622013124j:image

  • 個人的な評価★★★★☆(4.0) 

面白かったです。司馬達也は相変わらずかっこよかったしやっぱり「さすがはお兄様です。」この作品はこれに尽きますねw「ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」が熱い少年漫画のような王道ストーリーなら「星を呼ぶ少女」はクールで綺麗なストーリーという印象を受けましたね。初見の人はどう思うかわかりませんがアニメで慣れてくると司馬兄妹がなんかもう美しく見えますね。星を呼ぶ少女はいつもに比べてお兄様SUGEEE!TUEEE!な要素は少なく感じましたね。なので人によっては物足りなさを感じるかもしれませんがスケールは決して小さくなく派手さも十分でした。

時間も90分と見やすい長さで退屈しませんでした。あとテレビアニメではまだ未登場のリーナがめっちゃ可愛かったですね。達也以外のエリカやレオなどの仲間にも活躍の場面があり個人的には満足でした。観てない人は是非観てみてください。

  • 簡単なあらすじ

季節は過ぎ、もうすぐ二度目の春──。
劣等生の兄と、優等生の妹。
ふたりの魔法科高校での生活は、
その一学年目を終えようとしていた。
達也、そして深雪たちは春休みを利用して、小笠原諸島のとある別荘へと休暇に訪れていた。
束の間の休息に羽根を伸ばす達也たち。

しかし、そんな達也たちの前にひとりの少女“九亜”が現れる。

海軍基地から脱走してきたその少女は達也にひとつの願いを告げる──。

劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』公式サイトSTORYよりIntroduction / Story / Character | 劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女

  • ネタバレ有りの感想

まず言いたいのはお兄様のあのダースベイダーみたいな新スーツが笑っちゃいましたねw

相変わらずのダサさ。だけど慣れてくると不思議とかっこよく見える。

序盤は会話多めで正直途中少し眠気が襲ってきましたが後半はほぼ戦闘シーンでしたね。序盤はみんなの水着姿が見れて最高でしたね。テレビアニメでは水着回もお風呂回なかったですからね。ただただ美月がすごかった…(何がとは言わない)戦闘シーンは達也や深雪以外のエリカやレオ、幹比古もスターズ相手に善戦しててすげぇ…ってなってましたw

あと冒頭からいきなりお兄様が隕石破壊しろ言われてましたが破壊するそのシーンがなかったのが残念でしたね。てか春休みに隕石破壊しちゃう高校生やばすぎますねw「そして司馬達也は、伝説となる─。」というキャッチコピーもあながち嘘ではなかったですね。スターズもやはりお兄様の相手ではなく隕石級でようやくという感じですか…リーナがヘビィメタルバースト撃ってましたけど戦略級魔法の撃ち合いとか見てみたいですね。そんなに撃てるものじゃないと思いますけどw

改めてこの作品はお兄様の俺TUEEEを受け入れられないと楽しく見れないなと感じました。自分はとても楽しく見させていただきました。

映画 『アサシンクリード』 感想

ユービーアイソフトの大人気ゲーム「アサシンクリード」の実写映画を観たのでその感想を。

f:id:aquariusz0106:20170616213816j:image

個人的な評価★★★☆☆(3.5)

自分原作は1と2が一緒になってるやつ(わかる人にはわかるw)しかやってないにわか丸出しで観たのですが個人的にはなかなか満足できました。しかし巷の評価はあまり高くないようでだけども低い理由も実際に観てみるととてもわかる気がしました。まぁぶっちゃけていうと原作プレイしている人は楽しめて未プレイの方は「???観たけどさっぱりわからなかったぞ?何が面白いんだこれ?」という風になったのではないかと…だからやっぱり未プレイの状態で観に行ったなら自分も評価を★★☆☆☆くらいにしてたかもしれませんね。

しかし決して原作未プレイの人でも楽しめないというわけでもなくかっこよかった!とか難しかったけど面白かった!という感想もちらほら見かけたので観てみてもいいのではないかと思います。そうですね…今作を100%楽しむにはやはり原作プレイしてる状態で観るかせめて設定や世界観でも調べるなりして掴んでおくとかなり違うかなと思います。1と2しかやってない自分でも思わずうおおおおおってなる場面がたくさんあって楽しめたので。

簡単なあらすじ

記憶をなくした死刑囚カラム・リンチは、遺伝子操作をする装置によって祖先の記憶を追体験する。カラムの祖先はルネサンス期のスペインでテンプル騎士団に立ち向かうアサシン教団の一員で、人類支配の力を持つ禁断の秘宝のありかを知る、歴史上最後の人物でもあった。現在と過去を行き来する中で、カラムは人類の未来を左右する戦いに身を投じていく——!

 

スタッフ&キャスト

カラム・リンチ/アギラールマイケル・ファスベンダー / ソフィア・リッキン:マリオン・コティヤール / アラン・リッキン:ジェレミー・アイアンズ / ジョセフ・リンチ:ブレンダン・グリーソン / エレン・ケイ:シャーロット・ランプリング

監督:ジャスティン・カーゼル / 製作:ジャン=ジュリアン・バロネット,p.g.a./ジェラルド・ギユモ/フランク・マーシャル,p.g.a./パトリック・クローリー,p.g.a./マイケル・ファスベンダー,p.g.a./コナー・マッコーン/アーノン・ミルチャン

映画「アサシンクリード」公式サイトより

映画『アサシン クリード』オフィシャルサイト| 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント

ネタバレ有りの感想

ここからは本作を観た人向けの個人的な感想を。原作をプレイしてる方が観て一番興奮したのはやっぱりアサクリシリーズお馴染みイーグルダイブなのではないかと思いますw何が良かったって決して意味のない場面でなく意味のある使われ方をせれてたことが嬉しかったですね…原作では特に意味のない場面で藁の山につっこんだりするのでwカラム(アギラール)のイーグルダイブが成功しアニムスの装置が壊れソフィアの「イーグルダイブ!」と呟くシーンは鳥肌が立ちましたwあとは建物のつくりや逃げながら屋根の上で戦ったりパルクールなどアサクリやってたら興奮するシーンがいっぱいあって良かったですね。アクションは大満足でひたがストーリーは正直よくわからないシーンが多かったですね。ただアサシンクリードは過去編と現代編をやらなければいけないので映画は難しいかと思いましたが構成は割としっかりしていた気がします。

まだ謎の多いシーンが多かったので是非続編を作って欲しいですね!

あとは時代が確か15世紀後半とエツィオの活躍した時代と被るので続編やるとしたらどこかでエツィオを出したりとかして欲しいですね!原作との関連性とかも気になるとこです。

映画『ジェイソン・ボーン』感想

自分の大好きな「ボーンシリーズ」最新作「ジェイソン・ボーン」を観たのでその感想を。

 

監督は2作目ボーン・スプレマシー、3作目ボーン・アルティメイタムポール・グリーングラス監督です。

大好きなマット・デイモンのボーンが帰ってきてもう最高でした!

f:id:aquariusz0106:20170609124419j:image

個人的な評価★★★★☆(3.8)

以下ネタバレ含みます

 

今回は他作品でも登場したニッキーとボーンが接触するところから始まりました。しかしニッキーはCIA暗殺者により殺されてしまいます。ボーンはなんとかその場から逃れるのですがこれからまたボーンとCIAの追いかけっこが始まるわけです。

今回なんと残念なことに前3作でお馴染みのパメラ・ランディがいないんですね。

その穴を埋める役が新しいCIA局員ヘザー・リー。とても可愛いです笑

ボーンシリーズお馴染みのカーチェイスは相変わらずド派手でした!特に装甲トラックがやばい笑 車を何台も跳ね飛ばして進んでくところは思わずクスッてしてしまいました笑

そして戦闘シーンもかっこよかった!やはりボーンシリーズの魅力はかっこいいアクションシーンですね。ボーンは最強ですね。

今回は過去の記憶を全て取り戻したと思っていたボーンですがボーンの父が実はテロにより死んだのではなくデューイの指令により暗殺者に消されたと知るわけです。

そしてデューイはボーンとヘザーにより殺されアセット(暗殺者)をボーンが倒し終わるわけなんですが、終わり方で思わずニヤッとしてしまいましたね笑

物語の引きがとても良いのがボーンシリーズの魅力ですね。そして相変わらず口数の少ないジェイソンボーンはやっぱりかっこよかった!

続編が作れそうなラストだったので続編が作られることを切に願います。

前評判が微妙だっただけに意外と面白いと感じられ満足できました!

皆さんも是非観に行ってはいかがでしょうか!

前作までを観る必要はあるか

主人公の違う「ボーン・レガシー 」はともかくその前の3部作「アイデンティティ」「スプレマシー」「アルティメイタム」を見ることは必須でしょう。簡単にどんなお話かというと記憶をなくしたジェイソン・ボーンが超人的な力で刺客を倒しながら記憶を取り戻していくというお話です。とても面白いので観てみてくださいな!

映画『LOGAN/ローガン』感想 ヒュー・ジャックマン最後のウルヴァリン!

待ちに待った「ローガン」観に行ってまいりましたのでその感想を。

f:id:aquariusz0106:20170602014618j:image

個人的な評価★★★★☆(4.8)

めちゃめちゃ良かった!ごく少数かもしれませんがなんだか満足してない人もいるみたいですが声を大にして言いたい…「LOGAN」ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリン17年間最後にふさわしい映画でした!

ちなみにX-MENは時系列がごちゃごちゃしていますがこれはウルヴァリンの最後が描かれる作品なので予備知識なしでも全く問題なく楽しめます。アクション映画としてもヒューマンドラマとしても最高に楽しめる映画でした。自分は相変わらず涙もろいのもあって何回か泣いてしまいました。

そしてローラ役のダフネ・キーンちゃんが可愛すぎる!可愛いし敵を睨む時の顔もとてもかっこよかったですね。

あとゲームのラストオブアス(THE LAST OF US)が好きなら是非観て欲しい。これラスアスやんってなるから。

少々グロシーンがあるため自分が観に行った映画館ではR-15になってましたね。どうか老いてボロッボロになって戦うローガンとローラを見て欲しい。あと忘れていましたがプロフェッサーXことチャールズ・エグゼビアもとても良かったです。11歳、90歳、200歳とすごい年齢差トリオによる旅物語。シリアス強めで切なく悲惨で胸が痛くなる映画だけど名作であるこおは間違いないので是非見て見てください!

簡単なあらすじ

すでにミュータントの大半が死滅した2029年。長年の激闘で心身ともに疲弊しきったローガン(ヒュー・ジャックマン) は、もはや不死身の存在ではなかった。

超人的な治癒能力が衰え、生きる目的さえ失った彼は、雇われのリムジン運転手として日銭を稼ぎ、メキシコ国境近くの荒野にたたずむ廃工場でひっそりと暮らしている。その廃工場には衰弱しきってスーパーパワーをコントロールできなくなったチャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)太陽光のもとでは生きられないミュータントのキャリバン(スティーヴン・マーチャント)もいた。

そんなある日、ローガンはヒスパニック系の看護師ガブリエラ(エリザベス・ロドリゲス)から思いがけない頼みごとを持ちかけられる。ローラ(ダフネ・キーン)という謎めいた少女をカナダに国境を接するノースダコタまで送り届けて欲しいというのだ。しかし、それは新たな災いの始まりだった。図らずもローラを保護することになったローガンは、子どもたちを利用しておぞましい実験を行っているトランシジェン研究所が放った冷酷非情な男ピアース(ボイド・ホルブルック)が率いる武装集団の襲撃を受ける。ピアースの目的は、ガブリエラによって研究施設から連れ出されたローラを奪い返すことだった。

からくもピアース一味の包囲網を突破し、廃工場から逃亡したローガン、ローラ、チャールズは、ノースダコタをめざして車での旅を繰り広げていく。あどけない外見からは想像もつかない戦闘能力を持ち、ローガンにそっくりの特徴を備えたローラは、果たして彼との間にどのようなつながりがあるのか。やがて研究所の責任者である邪悪な遺伝子学者ドクター・ライス(リチャード・E・グラント)が差し向けた最強の敵が迫るなか、ローガンはミュータントの最後の希望が託されたローラを守るため、命がけの闘いに身を投じていくのだった…。

 

LOGAN/ローガン公式サイト STORYより映画『ローガン』オフィシャルサイト

 

ネタバレ有りの感想

 他のミュータント達の説明が少なかったのが少しだけ残念でしたね。恐らくアルツハイマーのチャールズが治癒能力を持つローガン以外を能力で殺してしまったのかな?「ウェストチェスターの事件」という名前が何回も出てきていましたし。そこらへんすごい気になりますね。

この作品の何が辛いってローガンが老いて全盛期のような力を出せないことじゃなくて自分の存在意義を見失い自殺しようしてたことですよね…「俺の愛する人はみんなひどいことになる」と作中でも言っていたように自分に否定的になってしまってるとこも見てて辛かったですね。なにせ仲間のミュータントはチャールズを除いてみんな死んだわけですから。

 しかしそんな100年以上生きてきたローガンがローラを通して最後最後に得たものが最高ですよね…ローラの「パパ」連呼、ローガンの「そうか、こういう感じなのか…」もう思い出すだけで泣けてきちゃうw

そして最後のローラの行動でこれは「X-MEN」の映画なのだと気づかされる。あとチャールズを埋葬した時のローガンの「水もあるし…」を聞いてなのか水辺の近くにローラが埋めてあげたのも良かったですね。

ローガンとローラの共闘シーンは最高でしたね!二人で敵を蹴散らしてくところはMARVEL映画でも屈指のアクションシーンだったと思います。X-MEN映画の中でも全体的にダークでリアルな作品でしたね。

そしてヒュー・ジャックマン17年間ウルヴァリン役お疲れ様でした。ありがとう。

「LOGAN/ローガン」映画X-MENシリーズで間違いなく1番好きな作品になりました。

 

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 感想

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を観ましたのでその感想を。

f:id:aquariusz0106:20170531235248j:image 

個人的な感想★★★★☆(4.0)

まずは個人的な評価ですが…はい、とっても面白かったです!もちろんいくつか不満のある点もありますが久しぶりにハリーポッターの世界を劇場で味わえたこと、新しい主人公ニュート・スキャマンダーとその素敵な動物たち…もう大満足でした。

元はハリーポッターシリーズに登場する「幻の動物とその生息地」という書物で2001年には実際に発売されてます。それを元に今回映画化され全5章公開予定であることがわかっています。

舞台はハリーポッター第1作目より70年前のアメリカなのでお馴染みのキャラなどはもちろん登場しませんがホグワーツという単語やダンブルドアの名前などは出てきたりします。

主人公のニュート・スキャマンダーは魔法動物たちを保護し元の居場所に帰してあげたりしているのですがとても優しくて見ていてほっこりします。あと顔も可愛いです笑

主人公のニュート・スキャマンダーとヒロインのティナは宮野真守さんと伊藤静というアニメ界ではかなり名の知れた声優さんで吹き替え版ではニュートはかっこよくまた優しそうにティナは美しい印象を受けました。吹き替え版オススメです!

最後は綺麗な終わり方できっとみんな満足できると思います。敵が伏線を最後残していった(?)ので続編がどうなるのか楽しみです!

少し不満だった点は魔術同士の撃ち合いをもう少しやってほしかったことくらいですかね…まぁ今回は主人公と動物たちがメインですから仕方ないんですけどね。

自分は普段洋画は基本字幕で観るのですがハリーポッターシリーズはやっぱり金曜ロードショーなどで何度も放送してるからなのかわかりませんがやはり吹き替え版でも観てみたいと思いましたね。ニュートは宮野真守、ティナは伊藤静なので尚更気になりますねw

続編はいつ頃になるのか、また本編「死の秘宝」の19年後を描く最終章「呪いの子」も映画化されるのか色々気になります。

まだまだハリーポッターシリーズ映画の方は色々続きそうで楽しみです!